枠
枠
枠
枠

社長ご挨拶

小社の社名は、福沢諭吉が1876年(明治9年)に建てた「万来舎」という建物の名にあやかったものです。
この万来舎は一種の社交クラブ、集会所であり、その設立趣意文「万来舎之記」には、「身分の貴賎や貧富の別なく、たくさんの人たちが集い、来舎して共に楽しむ」ところと記されています。
書物は思想をかたちづくるみなもとです。書物なくして物事を考え、人生を切り開いていくことはできません。万来舎は、心のなかでいつまでも生き続ける本、ひとりひとりの豊かな実りある人生のお手伝いができる本を出版したいと願っています。

談論風発、おおいに議論し、思想を深め、新たな文化を創っていく。万来舎は、その議論の場を提供し、人と人をつなぐ触媒の役割を果たせればと考えております。
福沢諭吉のめざした社交クラブ、「万来舎」のように。

万来舎代表取締役 藤本敏雄

前のページへ戻る